パキリ予防/治療に最強のセラピー・パテ|クライミング・ボルダリング

Photo by Vive La Palestina

クライミング、ボルダリングでパキった指がなかなか治らない。ずっと違和感が残っているというクライマーの方、多いのではないだろうか。指の怪我の治療は難しく、一定期間、クライミングを休むことが必要/重要となってくる。しばらくしてクライミングを開始したものの、再び指に激痛が!ということもよく起こる。そこで、パキった指の治療にもってこいの安価な製品をご紹介したいと思う。

関連記事:


もともと腱鞘炎や指の麻痺などのリハビリに使われる製品で
パキりの治療に役立つのが、Therapy Putty(セラピー・パテ)シリコンで作られたスライム、練ケシのような製品です。これを手に持ち、じっくりと握り込むことによって、指の怪我の回復を促します。また、指筋、虫様筋のトレーニングにも最適で、パキリ予防にも使えます。クライミング前に使えば、指のウォームアップにも使えるスグレモノ外岩の指のウォームアップにももってこい。そして、非常に安価に手に入れることができる。クライマーには必須のアイテムだ。幾つかの硬さがあり、用途に応じて使い分けられる。

AliMed® セラピーパテ【シリコンパテ 2oz】-therapy putty- 正規輸入品 (Yellow-X Soft(黄:超やわらか)) 



では、実際の使用方法を簡単に説明しよう。いたって簡単。



こちらが使用しているセラピー・パテ。硬めの灰色。容器から出した時点では握り込めないほど硬いが、しばらく慣らしているうちに柔らかくなってくる。また、一定期間経つとだいぶゆるくなってしまうので、冷蔵庫で冷やして再度硬度を取り戻すことができる。




手のひらサイズのセラピー・パテを棒状にする。


ぐぐっと握りこむ。この時、指を立てても良いし、
指の腹を使って握り込んでも良い。
それぞれ別の部分に力がゆっくりと加わり、治療ができる。


ドーナツ状にして、指を開く筋肉のトレーニング、
治療もできる。



机の上に置いて、指で転がすように使えば、
オープンハンドの指のトレーニング、治療も可能。


その他の詳しい使用方法に関しては以下のビデオをご参考に。とにかく簡単で、ネットしながら、テレビ見ながら、通勤電車でいつでもリハビリができる。持ち運びの際には、プラスチックのタッパか、ビニール袋に入れる必要がある。


関連記事: