その音楽はクライミングから生まれた。インド〜ネパール山岳地帯のクラブミュージック:GORGE(ゴルジェ)。




インド〜ネパール山岳地帯発祥のクラブミュージック:GORGE(ゴルジェ)をご存知だろうか? 峡谷を表す単語「Gorge ジャンル名に掲げる新しい音楽の流れだ「エクスペリメンタル・エレクトロによるネパールフォークパーカッションの独自解釈によって発展した音楽ジャンル」だという。ゴテゴテのノイズ系や歪んだロック(岩)系のものから、ミニマルなもの、牧歌的なものまで、その音楽的性質の振れ幅は大きい。GORGE(ゴルジェ)音楽をなす、基本としてあげられているのが、以下の3つの要素だ。



1:タム(打楽器)を使う
2:GORGE(ゴルジェ)音楽だと言う
3:アートだとは絶対言わない

要するには、タムと使って作った音楽で、制作者が「GORGEです!」といえば、GORGEだ。発祥者はネパール周辺に住むとされるクライマーDJ Nanga  ”Himalayan Giantsの一人” とされているが、男性、クライマー、ネパール周辺在住であることしか知られておらず、その存在すら不明だ。そして、世界的にもGORGE(ゴルジェ)音楽が盛り上がっているのが、どこでもなく、ここ、日出ずる国、Zipang、ジャパン! DJ NangaによるとGORGEとはRock Music(おそらく音楽のRockと岩のRockをかけた意味で)だという。


Sound of a rock, sound of water that beats the rock, sound of a mountain held by the rock. by DJ Nanga

Rockがダブルミーニングで使われているとなると、直訳も難しいのだが。。。

岩の音。岩を打つ水の音。岩によってもたらされた山の音       by DJ Nanga

ということになる。なるほど、これはクライマー必聴の音楽ではないか!他にも、いくつかGORGEに関する引用をしておこう。


もしあたなの作った音楽がGORGEになるのかもしれないと思ったら、それはすでにGORGEだ。  by DJ Nanga
 それは人間による表現ではない。GORGEにあるのは岩(Rock)の硬さだけだ。あなたは生き残れるかな?  by DJ Fhuck TheChipping
山が出来るまでの長い時間を想像してみろ。数分や数時間なんて「無」に等しい。  by DJ Lhotse
このグルーブは崇高さと野生で出来ている。それを掴み、保持した時には、俺はもう死んでいる。   by  DJ Nanga


ということでいくつかトラックをご紹介。 とにかくほぼ日本人クライマーによる新ジャンルであることは間違いない!ジャンルの背景設定も面白い。外岩行く前とか、ジムで流してもらえるとガンガンモチベーション上がりそうだ!世界でおそらく唯一存在する日本のGORGEレーベル"GORGE.IN"。http://gorge.in/


GORGEとは、岩にハーケンを打ち付ける、その鋼の強さで出来ている。 by Iwado Zan


GORGE made out of the sound of beaten Haken and its hardness of steel.   by Iwado Zan