クライマーの夫にさせるべき4つの家事・手伝い。



クライマーの夫を持つ主婦の方々、最近クライミングばっかりしている夫に嫌気がさしているなんてことありませんか?休みといったらジムか外岩。平日も仕事帰りにジムに寄ってくるから帰りが遅い。疲れた疲れたと言っては家庭のことは何もしてくれない。。。そんなクライマーの夫にさせるべき4つの家事・手伝い。をお知らせします!




1:登って帰ってきた後の皿洗い



これは、特に水の冷たい冬にお願いすると効果的です。
ジムや外岩で登ると、指を酷使するので、指が火照った状態になります。このままの状態で放置すると、指の筋力の回復に時間がかかりますし、怪我を招くことにもなりません。そんな時、重要なのが「アイシング」です。これはその言葉通り、冷たい水に手を突っ込んで指/腕を冷まします。「アイシング」をすることにより、筋力の回復を促し、また怪我の予防にもつながります。面倒がって「アイシング」を行わないクライマーが多いですが、冬場の「皿洗い」はアイシングにもってこいです。

冷たい水で洗うことにより、皿も洗えればアイシングもできる。そして、ふつふつと湧き上がる妻の怒りを冷ますこともできる、一石三鳥の手伝いです!



2:異様に増えた洗濯を任せる


クライミングをする夫を抱える家庭で問題になってくるのは、異様に増えた洗濯物です。ジムに行けば毎回上下の洗濯物が出てくるし、外岩に行けばさらに多くの洗濯物がたまってゆきます。そんな夫に妻はカンカンです!増えた洗濯物は夫に任せましょう。でなければ、2週間は同じトレーニングウェアで登ってもらいましょう!

あるいは、クライミングの洗濯物は自分で洗って!というのも手です。



3:指を鍛える肩もみ・マッサージ


これは家事にはなりませんが、日頃の肩こりをしてもらいましょう。クライマーの夫は、常に指の力、腕の力を鍛えたいと思っています。肩こりを通して鍛えられるのは指でホールドを掴みこむ「ピンチ力」です。力強く揉んでもらうか、長時間揉んでもらうことにより、筋力アップが期待できます。「トレーニング、トレーニング」と言って、夫のやる気を引き出しましょう。



4:トレーニングにもなる子供のおんぶ、抱っこ


子供のいる家庭なら、子供のおんぶ、抱っこはクライマーの夫の役目にしましょう。何と言っても夫にはクライマー自慢の上腕筋があります。「かっこいー」「強くなったね」「たくましい筋肉だね」とクライマーが喜ぶ言葉を存分にかけることにより、その気にさせてあげましょう。