SNSで日々拡散されてゆくクライミングビデオへの違和感



これは、多くの方のヒンシュクを買う記事かも知れません。ただ、近年のクライミング人気と様々なSNS(特にYoutube、Instagram)の普及によって、ものすごい勢いで広がるネット上のクライミングビデオに違和感を感じています。その理由と疑問点はいくつかあります。



1:初登課題のビデオが初登と同時に公開されることへの違和感

これは近年ではあたり前になっていますし、ビデオが公開されることによって「初登された証拠」となっているとも言えます。しかし本来、その課題を本当に登りたい人にとっては「初登動画」をトライ前に見てしまうのは、外岩クライミングの醍醐味である「ホールドを見極めてムーブを構成する」という最も面白い部分を削いでしまっている気がします。実際にトライするまでは見ないというクライマーもいるでしょう。確かに「じゃあ見なければ良い」でおしまいなのですが、これだけSNSが広がっている現代において、たまたま目にしてしまうということも大いにあり得ます。

言うなれば、「サッカーの試合の結果をSNSで見て知ってしまった」というくらいがっかりしてしまうこともあります。

個人的には、文字と写真くらいで初登の情報、ラインとグレードを知るくらいがちょうど良いのかなと思います。

私もプロジェクト課題見つけて初登するのに力を入れていますが、一番苦戦するのはムーブの構成と、そのラインでどのホールドが使えるのか/機能するのかを見極める部分です。特に、良いホールド、良いスタンスを使ってしまうと逆に悪くなったりすることが多々あるので、そこをいかに見極めて、ムーブを多く思い描けるのか(オブザベ出来るのか)という部分が難しく、そして最も面白いのです。なので、初登とラインの違う動画が大量に出回らない限り、出来る限り動画は公開しないように心がけています。ただ、世界的なクライマーでもそういった初登動画を公開していますし、むしろ動画の公開なしで「登った」といっても「本当に?」で終わってしまう時代かも知れません。プロはプロなので、公開する必要性もあるかも知れません。これはまあ、初登動画に限った疑問点・違和感です。



2:SNSで大量にアップロードされる個人のクライミングビデオ

これは、映像プロダクションとかクライミングブランドが出しているのものではなく、個人の方が上げている動画に関する違和感です。確かに「登れた課題の記録ビデオをいろいろな人に見てもらいたい」「新たなムーブをシェアしたい」「他の人の参考になれば」という思いの元、多くのクライミングビデオがSNSやYOUTUBEに上げられているのだと思います。実際にいろいろな人のビデオ見ているのも面白いですし、自分でもついつい記録のために撮影してしまいます。で、それを酒のツマミに飲むのがうまいんです(笑。

新しいエリアに行く時に、「こんなムーブの課題があるんだ」とか「これ得意そうだからやっておきたい」とかの参考にもなってとっても便利です(汗。

一方で、「俺は今日、これだけ強かったぜ」というように、いわゆる自慢のために挙げられているような方も多いのではないかと思います。確かに、登れたんだから自慢して良いんですよ、なんの問題もありません。私だって登れたら「登れた〜!」って自慢したいです。

ただ、その「自慢」が誰かの「不満」や「嫉妬」になっているのかも知れないということも考慮してもらいたいなと思います。基本的には登れた動画を上げられる方が多いと思います。完登動画ってなぜか「簡単そうに」見えてしまうんですよね...


何だか、近年のチッピングのニュースを見るたびにSNSでクライミングビデオが日々アップされていることや、完登の報告「今日は合計〇〇段登れました」「〇〇フラッシュ!」なんかが、誰かの中で巨大な「嫉妬」になったんだろうなと思うわけです。

人間だから、自慢したいのは当たり前です。登れたんだから自慢して良いんです。でも、SNSで完登報告するのと面と向かって完登報告するのは、全然違うメッセージとなって誰かに届いているかも知れないと思うのです。そう、届かなくても良い誰かに届いてしまっているかも知れないのです。ジムとかで会ったら友達になりたくないような、そんな人にあなたの動画や完登報告が届いてしまっているかもしれないのです。(例えば登れなくて壁を蹴ろうとするようなクライマーに)

特にYOUTUBEなんかだと、その人がいつ・どんな課題を登ったかが記録されて目に見ることができます。「この人、これもこれも登ってる...」と分かるわけです。まあ知り合いなら「あいつ強えからな」とかで終わるのも知れませんが、全く知り合いでない人が見て、特にクライミングスタイルが好きでなかったりしたら、「チェッ、なんでこいつが...」となるかも知れません。(いつも仲良くしている知り合いでも、裏ではそう思っているのかも知れないのです...怖!)

SNSで無作為に拡散されてゆくクライミングビデオや報告が、どこかで誰かの(多分ネットでしか知らない誰かの)その「嫉妬」を肥大化させるのに一躍買ってしまっていると思うのです。そして、そんな「嫉妬」が溜まりに溜まってチッピングへと人が走り出すのではないかと思います。


じゃあ、どうすれば?
SNSに動画上げなけりゃいいの?
完登報告しなければ良いの?となりますが、やっぱりしたいですよね。あの岩場で一人向き合った課題を、みんなに見てもらいたいですよね。どうすれば良いかは、皆さんで考えてもらえたら良いと思います、ただ、ネットに動画あげようかな...とか思っている人、「こんな意見もあるよ」という程度で読んでもらえたら良いなと思います。


同じような疑問、違和感を感じている人も多いと思うのです。「なんでみんな完登ビデオ上げるんだろう?」と。以上、多くのクライマーのヒンシュクを買う記事でした。スイマセン。

結論としては「他人のクライミングビデオ見てる暇があったらトレーニングしたほうが良い」ということでした!